第7回福島県大会を開催!

  • 2016.06.28 Tuesday
  • 00:00

第7回福島県大会 集合写真

 

 去る2016年6月18日、「第7回福島県大会」を安積総合学習センター サンフレッシュ郡山にて開催しました。
          (報告:福島県大会実行委員長 望臓ヾ仄ぁ
 7支部61名が参加し、個人戦4R、団体戦2Rで競い合いました。
 今回は埼玉県の熊谷東支部の北支部長以下8名の参加が、また東京おかちまち支部より石川紀さんが生後5か月の子どもを背中に参加していただき、大会も大いに盛り上がりました。

 
 相楽会長からの挨拶のなかでも石川さんの東京大会で第2位になったことなど、活躍が紹介されました。また、基本動作の大切さ、楽しさが健康のための吹き矢を続けるポイントであると参加者に話されました。
 今回の大会は、個人戦の表彰方法を変えて、距離別で行いました。
 賞品は群馬太田支部長で連盟理事の早川博之さんが遠路おいでいただき、新作の筒立て、矢入れなどたくさん提供して下さいまして、大いに盛り上がりました。
 最後に記念写真を全員で、そして再会を約して散会いたしました。

 

第7回福島県大会 大会風景

2016年度役員会総会を開催

  • 2016.05.31 Tuesday
  • 00:00
 去る5月23日(月)、東京都内にて「日本吹き矢連盟 2016年度役員会・総会」が、支部長・理事・役員等 計12名が参加し、開催されました。  
 司会進行は、連盟理事 早川博之支部長(群馬大田支部)、会計報告は連盟理事 望卒仄い気鵝雰柑鎧拮堯砲した。
 はじめに相楽会長の挨拶のあと、2015年度会計報告と2016年度の事業計画、その他の議案検討が行われました。
 最後に、相楽会長から次のようなお話がありました。

 各支部にご案内しているように、本年2月22日の理事会において、会則を一部改正しました。
 連盟の組織では本部と全国の支部とが直結しています。
 各支部長は諸国大名ともいうべき重要な立場で吹き矢文化を支え、自主活動を行っています。
 今後も地域に根差し、この吹き矢文化の受け皿であるためには、本部も支部もそれぞれの身の丈にあった活動をすることです。

 19年前に中国の気功と腹式呼吸を学び、その貴重な体験をしたとき、「これはすごい!」という感動と発見から、いま連盟が行っている吹き矢の基本動作ができました。
 吹き矢はすべての会員に差別なく「人は石垣、人は城」です。
 本年度もこの初心をもって、活動を行っていきましょう。

 吹き矢は心で吹き、一本一本丁寧に行うことにより、健康と楽しみの醍醐味を体感できるものです。
 結果が良くても悪くても、慢心にならず感謝をもって、仲良く新たな気持ちで進みましょう!
 支部にかえって以上のような話があったとお伝えください。

 本年度の吹き矢連盟を何卒宜しくお願い致します。

IN東京2016オープン吹き矢大会の報告

  • 2016.05.29 Sunday
  • 00:00
In 東京2016オープン吹き矢 その1

 去る5月18日(水)、「IN東京2016オープン吹き矢大会」が東京都内にて開催されました。
          (報告:文・写真 IN東京事務局/船橋新高根支部支部長 鈴木 寛)
 晴天に恵まれたさわやかな日にさっそうと東京はじめ近県から老若男女120名(12支部)の選手が、墨田区総合体育館に足どり軽くオープン吹き矢大会に集まりました。
 午後1時から3時間半の大会は、まさに感動と発見の集いの場となりました。

In 東京2016オープン吹き矢 その3

 矢島支部長(楽しもう吹き矢高円寺支部)の司会で尾上支部長(二宮支部)の開会宣言の後、
 相楽会長は「今日の大会はおひとりお一人が吹き矢を楽しんで下さい。連盟のめざすのは健康と楽しみです。一本一本丁寧に吹き、悪い時はその矢にごめんなさい、基本が欠けていました、とその矢に感謝する。思い出となる大会にしましょう! 特に今日は93歳から生後6ヶ月の赤ちゃんSちゃんまで参加しております。Sちゃんは生まれる前からお母さんの腹式呼吸の贈り物をいただいて今日は晴れの大会デビューです。エールを送りましょう!」と話されました。

In 東京2016オープン吹き矢 その4
 
 長谷部支部長(湘南なぎさ支部)のルール説明、山田さんの準備体操と続き、個人戦4ラウンド、団体戦3ラウンドの競技へと進みました。
 競技中の皆さんの毅然とした立ち振る舞いが印象的でした。
 吹き終えて、自分の点数を得点ボードに点数メモを張り付けるとき、ある会員の方が「そうだ油断しないで、基本に還って自分に正直に、、、ありのまま 自然に吹こう」とつぶやいていた光景が印象的でした。

In 東京2016オープン吹き矢 その5

 大会を終えて、会長挨拶では「今後もお互いに成長した姿で模範となる自然で美しい吹き矢を生活習慣にしましょう。お互いが医薬にむやみに頼ることなく健康増進につとめ輝く人生をかみしめていきましょう」とお話しがありました。

 閉会宣言では、北支部長(熊谷東支部)より「会長は、いつも『人は石垣、人は城、主役はあなたです』とおっしゃいます。今日、入賞した人は大きな喜びをかみしめてることと思います。その陰には大勢の参加者の協力と大会運営したスタッフの頑張りがあったことも心に留めておきたいと思います。共に競った仲間同士、互いの健闘を称え合って最後に隣の選手と感謝の握手をしましょう。」と挨拶があり、心に残りました。

 沢山のご参加、ご協力ありがとうございました。

 大会成績は下記の通り。

【入賞者】(敬称略)
●個人戦(7m)
 1位 小林 秀彦(熊谷妻沼) 132点
 2位 石川 紀(おかちまち) 130点
 3位 金子 照夫(熊谷妻沼) 126点

●個人戦(9m)
 1位 北 みつ江(熊谷東) 114点
 2位 池田 忠紀(埼玉幸手) 110点
 3位 鈴木 節子(船橋新高根) 110点 ※同点決勝にて

●団体戦
 1位 平塚Aチーム 111点
 2位 カトレヤ船橋チーム 109点
 3位 船橋新高値Eチーム 108点

In 東京2016オープン吹き矢 その6
 
In 東京2016オープン吹き矢 その2

謹賀新年

  • 2016.01.01 Friday
  • 00:00
年賀2016

あけましておめでとうございます


 旧年中は大勢の方々のお引き立てを賜りまして誠に有難うございました。

 本年も皆様と健やかな吹き矢活動を共にし、

 さらに笑顔と健康の輪を広げていくことが出来ますよう精進してゆく所存です。

 何卒宜しくお願い申し上げます。

 平成28年 元旦 連盟役員一同

郡山あだたら支部で「第6回 年忘れ吹き矢大会」開催!

  • 2015.12.22 Tuesday
  • 00:00
郡山あだたら支部 第6回年忘れ吹き矢大会
 去る平成27年12月11日(金)、福島県内において郡山あだたら支部の「第6回 年忘れ吹き矢大会」が開催されました。
          (報告:郡山あだたら支部 支部長:引地 悌二)
 恒例の大会は東部地域公民館にて開催しました。
 今回は、3つの公民館の体験教室を通して増員した新規会員も加わり、過去最高の23人が参加して和気藹々のなか、それぞれの技術を披露しました。
 特に、新人の山田幸江さんは3ラウンド連続のピンポイントを達成して個人の部で第3位に入賞する快挙となりました。
 また、大会終了後は有志による忘年会を開催して今年一年の反省と来年の抱負を語り合い、親睦を深めました。

第6回秋田県大会(吹き矢フェスティバル)の報告

  • 2015.11.17 Tuesday
  • 00:00
第6回秋田県大会 集合写真

 去る平成27年9月27日(日)、秋田県立武道館小道場において「第6回秋田県大会(吹き矢フェスティバル)」を開催しました。
          (秋田中央五城目支部 支部長 村井 和雄)
  明るく、楽しく、元気よくをモットーに開催した大会には会員61名が参加しました。
 午前中は個人戦4R、午後は団体戦3Rに熱戦が繰り広げられ、また会員相互の交流も大いに深めることができました。
 総合成績(男女混合)および団体戦成績は、メディア掲載記事(新聞紙面)に掲載されています。
 参加してくださった会員の皆さんに感謝します。今後ともよろしくお願い致します。

第6回秋田県大会 競技風景

第6回秋田県大会 メディア掲載
▲記事はクリックで拡大することができます。

日本吹き矢連盟 in 東京大会の報告

  • 2015.10.20 Tuesday
  • 00:00
日本吹き矢連盟in東京大会2015

 去る10月11日(日)、新宿区立大久保スポーツ・プラザにて「日本吹き矢連盟in東京大会」を開催しました。
          (報告:楽しもう吹き矢高円寺支部 支部長 矢島 通子)

日本吹き矢連盟in東京大会 大会運営

 はじめに実行委員長として開会宣言をさせていただきました。約110名の参加者に感謝です。
 相楽会長よりご挨拶があり、基本動作の模範演技がありました。力まない自然体での吹き矢は、おのずと矢も真ん中に命中します。
 今年初めて参加する会員も多数で、皆さん少し緊張している様子でしたが、穏やかに競技も進行しました。
 
 昼食は50畳以上ある大きな和室で、みなさん揃ってのお弁当でした。笑顔がこぼれます。

 今回の大会での表彰は、男女混合で7mと9mの1位・2位・3位で行いました。6名の頑張った喜びの顔、表彰台風に作った背景での記念撮影もして盛り上がりました。
 パーフェクト賞も6名でました。お見事 素晴らしい!

日本吹き矢連盟in東京大会 入賞者

 大宮支部の岡田支部長のご厚意で、多数の(頑張った賞)があり、笑顔いっぱいの大会となりました。
 楽しかった、よかったという声が何より嬉しく思います。
 参加選手の皆様、実行役員のメンバーに感謝し、厚く御礼申し上げます。

日本吹き矢連盟in東京大会 模範演技

日本吹き矢連盟in東京大会 競技風景

日本吹き矢連盟in東京大会 競技風景

日本吹き矢連盟in東京大会 競技風景

日本吹き矢連盟in東京大会 大会運営

中部親睦吹き矢大会2015のご報告

  • 2015.10.03 Saturday
  • 00:00

中部親睦吹き矢大会2015 集合写真その1

中部親睦吹き矢大会2015 集合写真その2

去る平成27年9月28日(月)、愛知県犬山市「名鉄犬山ホテル」にて「中部親睦吹き矢大会」を開催しました。
(報告:ダート名古屋支部長 山副 宏)
大会には、中部圏の支部、ダート名古屋・三重・楽吹東員・岐阜支部の4支部と県外より大宮・カトレヤ船橋・楽しもう高円寺支部の有志、約40名が参加しました。大会は個人戦・団体戦で競いました。個人戦はW伊藤による白熱した優勝争いに!表彰の前には会長の講話と吹き矢実技指導がありました。
夜には支部交流親睦会をホテルにて行い、和気藹々のうちに終了いたしました。
お天気に恵まれた大会当日は、中秋の名月でホテル中庭からの澄んだ月と犬山城のライトアップも楽しめ、昼鵜飼とともに参加者も多いに満足の様子でした。

大会成績は下記の通りです。

【大会成績】(敬称略)
《個人戦》7m・9m総合
第1位 伊藤 誠 141点 (楽吹東員)
第2位 伊藤 一博 132点(岐阜)
第3位 森田 正男 128点(楽吹東員)

会長賞 石田 卓子(ダート名古屋)
パーフェクト賞 伊藤 誠(楽吹東員)、伊藤 一博(岐阜)

《団体戦》3R、5〜9m
第1位 チーム 岐阜・三重 混合チーム 91点
(平下 勝明、伊藤 一博、久芳 正宏、山縣 敏和、加藤 忠衛)
第2位 チーム 楽吹東員チーム 90点
(森田 正男、向 博司、篠塚 勲、伊藤 誠、井上 光治)
第3位 チーム ダート名古屋チーム 77点
(吉田 幹雄、松田 強一、水野 覚、石田 博彦、春日井 尉和雄)

中部親睦吹き矢大会2015 昼鵜飼
▲ 屋形船での昼食を兼ねた昼鵜飼観光

中部親睦吹き矢大会 昼鵜飼 その2
▲ 至近距離で迫力満点です

中部親睦吹き矢大会2015 個人戦
▲ 大会 個人戦の様子

中部親睦吹き矢大会2015 団体戦
▲ 大会 団体戦の様子

中部親睦吹き矢大会2015 犬山城
▲ 翌日は各自、自由行動で犬山城見物など

 

札幌で「第一回北海道大会」を開催!

  • 2015.07.28 Tuesday
  • 00:00
第一回北海道大会の様子その1
 低温の日々がようやく夏らしい気温になった去る7月17日(金)、札幌市内の札幌エルプラザにて「第一回北海道大会」を開催しました。
          (報告:北海道札幌支部支部長 星澤幸子)
 道内の会員は大会参加が初めてという者がほとんどで、私自身まだ吹き矢を初めて年数も少ないため、規模や準備など手探りでのスタートに。大会運営では至らないところも多々ありましたが、会員メンバーが力を合わせて精一杯させていただけましたことは良い経験となりました。
 大会には会長、副会長にご臨席いただきました。会員からは「緊張したけれど、楽しかった!」との感想で、和やかななかにも緊張感あふれる雰囲気での大会となりました。
 この季節は北海道の繁忙期であるため、地方の方のご参加が難しかったのが残念でした。
 吹き矢への関心はどんどん高まってきており、ラジオ出演や施設への訪問など手分けして行っております。身近で気軽なスポーツとしての吹き矢を今後も多くの方にお勧めできるよう活動を続けてまいります。有難うございました。

【大会成績】(敬称略)
・個人戦 3R
6m優勝 小山 恵理 79点
7m優勝 湯浅 誠治 92点
8m優勝 仲野 節子 85点
・団体戦 2R
3組(東海林嘉良子・睫攅郢辧ε鮴誠治・前田毅)58点

第一回北海道大会の様子その2

三重支部親睦競技会のご報告

  • 2015.06.30 Tuesday
  • 14:22
日本吹き矢連盟 三重支部大会

 去る2015年6月7日(日)、三重県桑名市のメディアライブにて「三重支部 親睦競技会」を開催しました。
        (報告:三重支部支部長 村田 道昭)
 大会には、三重支部の会員メンバーのほか、近隣のダート名古屋支部、名古屋大高支部・名古屋白水支部、岐阜支部、そして(見学を兼ねて)関東の大宮支部、楽しもう吹き矢高円寺支部からの参加もあり、総勢 約60名で行われました。
 大会は、個人戦と団体戦で競いました。お忙しいところご参加いただき、三重支部会員一同感謝しております。有難うございました。
 大会運営で、支部長として一番望むことは「吹き矢を通じて会員のみなさんが、楽しい一日を過ごすこと」でしたので、そこは達成できたものと感じております。
 大会終了後は、有志メンバーで国歌「君が代」の歌詞にもある「さざれ石」のある春日神社をお詣りし、伊勢神宮から20年に一度の式年遷宮ごとに貰い受けて建て替えられる七里の渡しの大鳥居を見学しました。そして、桑名名産のハマグリ料理での懇親会を楽しみました。
 これからも他支部の仲間との交流を積極的に深めて、楽しい・明るい・元気な吹き矢ライフを送れるようにしたいと思います。今後ともよろしくお願い致します。

【大会成績】(敬称略)
(個人の部)
 優勝 7mの部 石恒
 泰生 164点(三重)
     9mの部 伊藤 一博 172点(岐阜)
(団体の部)
    名古屋・岐阜・東京・埼玉混成チーム 53点(2Rの合計)

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

【吹き矢を始めるなら♪ 日本吹き矢連盟】

 こんにちは!日本吹き矢連盟 広報Blogです。名古屋市内(本部)と東京都内に直轄練習場あり。全国に支部組織を展開しています。ニュースポーツの【健康吹き矢】【腹式呼吸法】についてや最寄りの支部のご案内など各種詳細については、連盟本部(TEL:052-971-7040)までお気軽にお尋ねください。

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM